フレッツの頼れるリモートサポート!【賢く利用する術とは?】

 

画像

 

自宅のパソコンは、有線ケーブルでつなげています。

 

でも、家族のパソコンが増えてきたのと、このところ特に、インターネットの回線が遅くなったと感じるので、フレッツ光に申し込んで、ついでに無線LANでネットが使えるようにしたいと思っています。

 

フレッツと無線LANを同時に設置するための、効率的な方法があったら教えてください。

 

ちなみに、わたしはパソコンの知識があまりなく、ネットワークを自分で設定することはできません。

 

また、無線LANのデメリットも教えてください。


 

 

画像

 

質問者様が無線LAN機器を持っていないという前提でお話ししますと、フレッツへの乗り換えと同時に無線LANも導入する方法は、2つあります。

 

1つ目は、光回線用のルーターに無線LAN機能がついたタイプの機器をNTT東日本からレンタルする方法です。

 

この方法だと、フレッツの工事の時に作業員の方がルーターとパソコンの接続設定までしてくれるので、ネットワークの知識がなくても問題なしです。

 

もう1つの方法は、市販の無線LANルーターを購入して、これをフレッツの通常のルーターにつなげる方法です。

 

NTT東日本からレンタルする無線LAN機能付きルーターと違って、最初に数千円出して購入しないといけませんが、このネットワーク機器は長く使う物なので、2年ぐらいで元が取れてしまいます。

 

問題は、フレッツのルーターとの接続です。

 

今のネットワーク機器は、カンタンな説明書と設定CD-ROMが添付されているので、初心者でも分かりやすく設定できるようになっています。

 

それでも不具合が発生したり、自分では分からない問題があるような場合は、フレッツのリモートサポートサービスを利用しましょう。

 

このサービスは、月額500円かかりますが1日単位でも契約ができるので、設定日だけ利用すれば約16円で済みます。

 

そして、NTT東日本の専門家が遠隔作業でネットワークの設定を行なってくれます。

 

無線LANの設定の場合は、機種名とメーカー名を伝えれば、担当者がそのマニュアルを電話越しで取り出して、パソコン本体の設定から無線LAN、フレッツのルーターの設定まで、すべて対応してくれます。

 

セキュリティがしっかりと守られた状態で、担当者がパソコンを遠隔で操作しますので、個人情報の流出などの心配はありません。

 

このリモートサポートサービスは、ネットワークの設定だけでなく、パソコンやプリンターなどのトラブルにも対応してくれます。

 

トラブルが発生するたびに契約をして、問題が解決したらすぐに解約する、こうした利用方法で出費は最低限に防げますし、時短につながりますよ!


 

申し込み