フレッツの設定CD-ROMが使えない?【大問題の解決方法は?】

 

画像

 

フレッツ光を申し込んで、工事が終了したのですが、工事に来た人は光回線を自宅まで引いてルーターに接続しただけでした。

 

てっきり、パソコンへの接続までしてくれるものと思っていたので、びっくりしました。

 

工事担当者に聞いたところ、既に送られてきている設定CD-ROMを使えば、誰でもカンタンに設定できますよと言われました。

 

ところが、説明書に書かれていた通りにパソコンにCD-ROMをパソコンに入れて、操作を進めていったのですが、エラーが出るばかりで、フレッツの設定ができませんでした。

 

無線LANルーターのメーカーに問い合わせたところ、こちらでも対応策が分からず、結局、一般のパソコンセッティング会社に来てもらうことになり、1万円近くも支払うハメになりました。

 

こうした不具合って、誰にでも起こるものなのですか?


 

 

画像

 

こちらのケースも、NTT東日本の説明不足というか、ユーザーのことを考えていない対応ですね。

 

光回線の工事と聞いたら、多くの人がパソコンで光回線が使えるようになる状態にしてくれることを期待すると思いますし、それがないのであれば、工事日を決める時に説明があってしかるべきだと思います。

 

質問者様も遭遇した、設定CD-ROMのエラーですが、わたしにも起こりました。

 

調べてみると、このCD-ROMはエラーが出るケースが多いらしく、多くの人の頭を悩ましているようです。

 

フレッツのホームページを見ると、エラーの対処法が一覧になって載っているのですが、これがまた見にくくて、解決策を見つけるのに、とても役に立つとは言えません。

 

こうした状態に陥った時にとるべき手段は、フレッツのリモートサポートサービスの利用です。

 

このサービスは、フレッツのサポートセンターのスタッフがインターネット経由で依頼者のパソコンを操作して、フレッツ光の設定を行なったり、知らないうちに発生しているネットワークトラブルなどを解決してくれます。

 

インターネットを通しての操作なので、有線LANケーブルでパソコンとフレッツのモデムがつながっていないといけませんが、自分では解決できないような問題を、あっという間に解決してくれます。

 

フレッツリモートサポートサービスは、月額料金が500円となりますが、1日単位でもサービスを利用できます。

 

CD-ROMの設定で時間を取られるより、このサービスを真っ先に利用したほうがいいでしょう。

 

ただし、解約の申し出をしないと、サービスを利用しなくても契約は自動的に継続されてしまうので、フレッツ回線に無事につながったら、すぐに解約しましょう。


 

申し込み