Bフレッツとフレッツ光ネクストの違いは?【光ネクストを選ぶべき?】

 

画像

 

自営業をやっていて、自宅が事務所を兼ねています。

 

今度引っ越すマンションは、Bフレッツ対応マンションなのですが、Bフレッツでは一度につなげられるパソコンが5台までと聞きました。

 

しかし、わたしのオフィス用パソコンと家族のパソコンを足すと、7台になります。

 

そこで質問なのですが、Bフレッツ対応マンションで、光ネクストの申し込みはできるのでしょうか?


 

 

画像

 

まず、Bフレッツの接続端末の台数制限ですが、これはあくまでも規約上の問題であって、技術的にはそれ以上の台数のパソコンが接続できます。

 

ただし、Bフレッツは集合住宅の住人が1つの光回線を共有して利用するので、1人で7台ものパソコンを同時にインターネットに接続し、他の世帯でもインターネットを同時に使えば、通信速度はかなり低下してしまうでしょう。

 

仮に、マンションの回線が50Mbpsぐらい出ているとして、前世帯で合計50台のパソコンがインターネットにつないでしまったら、1台あたりの通信速度は1Mbpsにまで低下してしまいます。

 

1Mbpsとまではいかなくても、通信速度が5Mbpsを下回ると遅いと感じる人は多いようです。

 

こうした状況を避けるために、「Bフレッツで接続できるパソコンは5台まで」と、NTT東日本が決めたんでしょうね。

 

では、既にBフレッツが導入されている集合住宅で、フレッツ光ネクストが使えるのかというと、答えは「使える」です。

 

Bフレッツは、マンションの共有部分に光回線を引いて、各世帯にそこからケーブルをつなげていますが、フレッツ光ネクストの場合は、電線から個別の世帯に光回線を引き、エアコンのダクトや電話線などを通して、屋内に通します。

 

このエアコンダクトや電話線が使えない場合は、まれに、建物の外壁に穴をあけてケーブルを通すこともあるようです。

 

その際は、マンションのオーナーの許可が必要です。

 

もちろん、交渉した結果「NG」となることも・・・。

 

ご質問者様の場合は、仕事でパソコンを複数台使っているのですから、安定した通信が期待できるフレッツ光ネクストを選択すべきでしょう。

 

Bフレッツに比べて、フレッツ光ネクストは毎月の通信費が高く設定されていますが、これは、先にご説明したように、Bフレッツが他の世帯と回線を共有しているのと違い、フレッツ光ネクストは、自分の家で回線を独占して使えるためです。

 

フレッツ光の通信は安定していますが、それでも、自分一人だけで回線を使っているというのは安心感が高まりますし、この先、ビジネスでパソコンが増えたり、ご家族が利用するパソコンが増えたりしても、極端に通信速度が落ちないので、安心だと思いますよ。


 

申し込み

世界最速NURO光が、3万円キャッシュバック&工事費相当分割引中