フレッツ光の契約ができない集合住宅がある!【その対策とは?】

 

画像

 

わたしはフレッツに関してまったく知識がなくて、コールセンターに電話をかけても説明された内容が理解できませんでしたので、ここで質問させてもらいます。

 

まず、フレッツには2種類あるんですか?

 

パンフレットを見ると、一戸建てタイプとマンションタイプがあって、それぞれに金額が違っています。

 

わたしはマンションに住んでいるのですが、マンションタイプでも金額が違っているようです。

 

マンションによっても光回線が引けないタイプもあるようで、実際に調べてみたら、私の住んでいるマンションがそのタイプでした。

 

今のADSL回線では、動画を見るときなどにかなりストレスがたまるので、なんとか光回線にしたいと思っているのですが、方法はないのでしょうか?

 

できれば、光回線の基本から教えてください!


 

 

画像

 

フレッツ光の高速通信、諦める必要はありませんよ!

 

フレッツのひかり回線は、電線などを通って各世帯に引き込まれています。

 

マンションやアパートのような集合住宅の場合は、敷地内にフレッツ光の設備を設置して、一旦、そこに光回線を引きます。

 

そして、フレッツ光を契約した世帯へそれぞれ、その設備から光回線をさらに引いてゆく、という流れになっています。

 

設備からは複数の光回線が配線されることになりますが、元々は電線から引いた1本の光回線なので、この回線を集合住宅の住人全員で共有することになります。

 

したがって、フレッツ光の契約者全員が同時にインターネットに接続したら、通信速度が低下することがあります。

 

この通信速度の低下は、契約世帯数が増えれば増えるほど頻繁に発生します。

 

そこで、集合住宅のフレッツ光の利用料金は、集合住宅の契約戸数単位で料金が変わってくるというワケなんです。

 

フレッツ光の利用者が多くて、単純にひとりあたりに割り当てられる通信速度が低ければ、料金を低くする、という理屈のようですよ。

 

これに対して戸建て住宅は、集合住宅のように光回線を自宅に引くのは同じですが、その回線を専用のインターネット回線として利用します。

 

集合住宅タイプのフレッツ光と比べて、一戸あたりの通信速度が圧倒的に早くなり、しかも安定性に長けているため、毎月の利用料金は高く設定されています。

 

マンションでフレッツ光回線の契約ができないのは、マンション内に上記のフレッツ回線を引き込んだ設備がないからだと思われます。

 

その場合は、オーナーさんに交渉してフレッツの契約をしてもらいうか、戸建て住宅と同じタイプの契約をすれば、フレッツ光の契約ができますよ!


 

申し込み