プロバイダーとフレッツの役目は同じ?【実は全くの別物!】

 

画像

 

今まで何気なくインターネットを使っていましたが、プロバイダーとインターネット回線業者って、別物なんですよね?

 

でも、自分が今利用しているプロバイダーには、フレッツコースなどもあって、NTT東日本が販売しているフレッツとどう違うのか分かりません。

 

プロバイダーの契約をするだけで、フレッツ光回線は使えるようになるのでしょうか?


 

 

画像

 

この質問は、わたしも長年持ち続けていました。

 

どちらもインターネット通信に関わる業者なのに、なんで別々に契約しなくてはならないんだろうと。

 

これは、わたしがフレッツと契約する前に利用していたADSL回線でも同じで、プロバイダーのメニューに「ADSLコース」なるものがありました。

 

この疑問を解くべく、わたしお得意のフレッツのサポートセンターに問い合わせてみました。

 

まず、NTTが提供している光回線はインターネット通信網を作っていて、基地局と基地局が光回線でつながれています。

 

これがインターネットそのものです。

 

このインターネット網に接続するのが、プロバイダーの役目なんです。

 

よく、プロバイダーとNTTのような回線事業者は鉄道で例えられれます。

 

プロバイダーはお客(データ)を運ぶ電車で、回線事業者はその電車を走らせる線路になります。

 

インターネット自体は、無数のネットワークの集合体で、ネットワーク同士のデータ送受信はサーバーが管理しています。

 

このサーバーとパソコンとをつなげているのがプロバイダーです。

 

したがって、プロバイダーと回線事業者、個別に契約する必要があるというワケなんです。

 

プロバイダーだけ契約してもインターネットにはつながりませんし、逆に、フレッツ光だけ契約しても同じです。

 

プロバイダーでは、「フレッツコース」「ADSLコース」などのメニューが用意されていますが、これはインターネットユーザーが分かりやすいように、プロバイダーの契約と光回線、ADSL回線などとの契約をセットにして販売しているのです。

 

料金的には、プロバイダーとフレッツを別々に契約しても変わりはありませんが、すでにプロバイダーとの契約をしている方は、フレッツ単体で申し込んだほうが、手厚いサポートが受けられるので、おススメですよ!

 

ヤフーやケーブルテレビからフレッツ光に乗り換える場合は、プロバイダー契約も解約することになるので、フレッツの申し込みと同時に、プロバイダーの申し込みを行う必要があります。

 

設定が面倒に感じたら、フレッツのリモートサポートにお願いすれば、あっという間にインターネットに接続してくれますよ!


 

申し込み