ADSLに代わる高速通信は?【フレッツ光以外を検討!】

画像

仕事の効率を上げるために!

仕事の打ち合わせをしていると、最近やたらと

 

「クラウドで仕事しているとさぁ〜」

 

なんて会話が出てきます。

 

IT音痴の私は、このクラウドの意味をしっかりと説明できる自信がないのですが(笑)、パソコンにソフトを入れて仕事をする代わりに、インターネット上のサーバーに接続して、そのサーバー上で作業をしたりデータの保存をしたりする、ということらしいです。

 

クラウドとは「雲」の意味で、インターネット=雲、ということらしいです。

 

自分で書いていても、半分分かったような、分からないような・・・(笑)。

 

私の勤めている制作会社でも、このクラウドシステムを取り入れていて、さらに、在宅勤務を促進していることもあって、自宅で仕事をすることが多いんです。

 

なので、インターネット回線が遅いと、仕事の効率は超下がります。

 

なんてったって自宅のADSL回線は、添付ファイル付きのメールを10通ぐらい受信するのに、10分以上かかるんですから!

 

特に、雑誌のデザインデータや、クライアントさんのホームページのデザインなどをクラウドシステムでチェックすると、会社で仕事をする時より、5倍以上の時間がかかってしまっていました。

 

 

 

まずは、データ通信カードの購入を検討

こうした超低速ADSL回線は、引っ越しをしてから症状が発生したのですが、根本的に解決ができないと分かったため、高速通信回線への乗り換えを考えました。

 

真っ先に検討したのは、会社でも使っているデータ通信カード。

 

パソコンのUSBコネクターにスティック型のカードを挿すだけで、インターネットに接続できます。

 

ただし、ノートパソコンに挿すと、結構ジャマになり、その状態で部屋を移動すると、カードをぶつけてしまうことも・・・。(私だけ?)

 

したがって、データ通信カードという選択肢はナシになりました。

 

 

 

Wi-Fiルータの魅力

データ通信カードの販売サイトを見ていたら、「Wi-Fiルータ」という機器が目に入りました。

 

Wi-Fiルーターというのは、無線でパソコンをインターネットに接続する機器で、パソコンにケーブルやコネクターなどで接続する必要がありません。

 

月額料金はフレッツより安く、使い勝手もいいので「これはいいかも!!」って思いました。

 

私の心の中では、このWi-Fiルーターにしようと決めていたんですが、念のためフレッツのホームページも見てみた所、たまたま一緒に見ていた妻が、

 

「フレッツにしよう!」

 

と言い出しました。

 

これは意外!!

 

その理由は、

 

「ひかり電話の費用が安いから!」

 

でした。

 

引っ越す前は、ADSLでインターネット電話が使えていましたが、引っ越した先のマンションでは、ほとんど通話ができない状況だったので、固定電話代が1万円近くにもなっていたんです。

 

電話代とインターネット回線代を合わせて考えると、フレッツの光回線が一番お得だし、安定性も高そうと感じたので、Wi-Fiルーターという選択肢は消え、光回線に決まったのでした!

 

申し込み

世界最速NURO光が、3万円キャッシュバック&工事費相当分割引中