フレッツの仕組み、実は複雑!【契約前のチェックポイントは?】

画像

自分の住居がフレッツ対応か?非対応か?

フレッツの申し込みは、戸建て住宅に住んでいる場合と、集合住宅に住んでいる場合とで、回線を引くまでの流れが変わります。

 

さらに集合住宅でも、物件がフレッツに対応していないと、かなり手間がかかったり、場合によっては、光回線が引けないことすらあるので、ホームページで確認するだけでなく、フレッツのコールセンターに電話をかけて、徹底的に調べてもらいましょう。

 

戸建て住宅に光回線を引く場合は、電線から自宅に光ケーブルを引いてくるので、意外と手続きや作業はカンタンです。

 

問題なのは集合住宅の場合で、物件に「フレッツ対応物件」などと看板がかかっていれば、何も問題はありません。

 

ところが、物件がフレッツに対応していないと、オーナーに機器設置の交渉をすることから始まるので、最初から大きな壁が立ちはだかります。

 

集合住宅で光回線を利用する場合は、マンションなどの共有部分に光回線の装置を設置して光回線を引き込み、そこから各戸に回線を通してゆく、という流れになっています。

 

この光回線装置はかなり高額らしく、オーナーは簡単に設置してくれるものではないらしいです。

 

わたしの住んでいるマンションはどうかというと、残念ながらフレッツ非対応物件でした。

 

自分の住居がフレッツ対応物件か、対応していない物件かは、NTT東日本に問い合わせてみると、すぐに調べてくれますよ!

 

 

 

工事費がいくらかかるか?

光回線の交渉はこれから行うとして、もう一点、確認しておかないとならないのが工事費です。

 

わたしの友人は、フレッツの工事費は2万円以上かかるけど、毎月の割引で相殺されるから、結局、無料になるから心配ないと言っていました。

 

しかし、それは2年ぐらい前のサービスかキャンペーンだったらしく。。。

 

今回、我が家に光回線を導入するにあたってかかる工事費は、なんと「20,160円!!」。

 

NTT東日本の担当者は、

 

「工事費は分割払いできまして、毎月のご負担額は840円ですから・・・」

 

なんて説明していましたが、分割だろうが何だろうが、負担であることには変わりないです。

 

 

 

違約金が発生するケースはどんな時か?

最近は携帯電話やスマートフォン、データ通信機器などの契約は、ほとんど2年単位となっていて、途中で解約すると、高額の違約金が発生するケースがほとんどです。

 

こうした契約内容は、契約時に説明は受けているはずなんですが、利用しているうちに忘れてしまいますね?

 

光回線を導入したら、よほどのことがない限り、他の回線に変更することはないと思うのですが、それでも、引っ越しとか転勤というケースも考えられるので、違約金については事前に必ず確認しておいて、どのタイミング、そういった条件で発生するのかメモしておきましょう!

 

フレッツ光の場合だと、契約期間内で解約すると、分割払いだった工事料金の残高を全額支払わなくてはならないとか、「にねん割」といサービスも解約になることで、集合住宅だと1,500円、戸建て住宅になると、なんと9,500円も違約金が発生します!

 

申し込み