フレッツ途中解約の落とし穴に注意!【途中解約で違約金が発生する?】

 

画像

 

フレッツ光を契約する時に、にねん割という月額料金が安くなる割引サービスがありますが、契約期間の途中で解約すると違約金が発生すると聞きました。

 

これは本当の話でしょうか?

 

どこのプロバイダー経由でフレッツを申し込んでも、この違約金というのは発生するのでしょうか?


 

 

画像

 

フレッツのにねん割りというのは、2年契約をすることで毎月の利用料金から、戸建てタイプの場合は月々700円(2年間で16,800円)、集合住宅タイプで月々100円(2年間で700円)の割引が適用されるサービスです。

 

このにねん割りのサービスは、初めてフレッツに申し込む人だけでなく、現在、フレッツを利用している方も申し込めます。

 

ただし、契約期間である2年以内に解約した場合は、戸建て住宅の場合で9,500円、集合住宅の場合で1,500円の違約金が発生します。

 

したがって、にねん割のサービスを申し込む時は、よほどのことがない限りフレッツを解約しない状況であることを確認しておきましょう。

 

たとえば、フレッツは同じ東日本エリアで引っ越しをした場合は、契約の解約扱いにはなりませんが、東京から大阪に引っ越した場合は、NTT東日本エリアからNTT西日本エリアへの移動になるので、契約は自動的に解除されてしまいます。

 

同じNTTでも、東と西は全くの別会社なのです。

 

また、にねん割りのサービスだけでなく、工事費の分割払いをしている場合は、その残額を一括で支払うことになります。

 

さすがにこうした契約上の注意は、サービス申し込み時にフレッツのスタッフからきちんとした説明がありますが、インターネットのように毎日当たり前のように使うものは、その契約内容を常に覚えていることはないですよね?

 

したがって、電話機のそばなど、普段から目にすることが多い場所に契約終了期間をメモしておくことをおすすめします。

 

上記のように、2年割の割引料金は、戸建て住宅と集合住宅では、1カ月で600円もの差があります。

 

これはなぜかと言うと、戸建て住宅のフレッツ利用料金は、集合住宅の利用料金に比べて1,000円以上も高くなっており、この不公平感をなくすため、ということらしいです。

 

両者の利用料金の差は、戸建て住宅の回線のほうが通信速度が速くなることによるのですが、体感的な通信速度の差はあまりないので、このようなサービスを導入したようです。

 

最後に、もう一つ注意点です。

 

このにねん割は、2年間の契約期間が経過したら、自動的に更新されます。

 

2年過ぎてフレッツ光を解約しても、上記のような高額な違約金が発生しますので、十分に注意しましょう!


 

申し込み

世界最速NURO光が、3万円キャッシュバック&工事費相当分割引中