プロバイダーはフレッツと別契約?【そもそもこの2つ、何が違う?】

画像
インターネットを利用するのに必要なのが、インターネット回線業者とプロバイダー、2者との契約です。

 

普段何気なくインターネットを使っていると、NTT東日本のようなインターネット回線業者とプロバイダーの違いを意識することはありませんが、新たにフレッツの契約をする時は、プロバイダーとも別個に契約します。

 

プロバイダーとは一言でいうと、

 

「インターネットに接続するための交通整理を行う会社」

 

です。

 

フレッツのような光回線は、あくまでもデータの送受信のために使われる道路のようなものであって、光回線単独ではホームページを見たり、メールをしたりすることはできません。

 

そこで必要になってくるのが、データの送受信を整理してくれるプロバイダーです。

 

パソコンユーザーがホームページを見たいとリクエストを出すと、そのホームページの情報を取得しに行き、パソコンに送信します。

 

電車に例えると、光回線やADSL回線は線路で、プロバイダーはお客(=データ)を運ぶ電車そのものとなります。

 

フレッツの申し込みページを見ると、フレッツのコースと一緒にプロバイダーも申し込めるようになっていますが、これはNTT東日本がお客さんの利便性を考えて、1回の申し込み作業で、インターネット回線とプロバイダー、両方の契約ができるようにしているのです。

 

また、プロバイダーにもフレッツとセットになったコースがありますが、これも上記と同じように、プロバイダーがインターネット回線契約をセットにしているサービスです。

 

申し込み

世界最速NURO光が、3万円キャッシュバック&工事費相当分割引中