フレッツは200Mbpsもでない!【理論値と実測値の謎?】

画像
フレッツ光の通信速度は、データを送信する時(上り)が最大100Mbps、受信する時(下り)が200Mbpsとなっていますが、実際にこれだけの通信速度が出ることはありません。

 

何故かと言うと、上記の通信速度はNTT東日本が推奨している通信環境がすべて整った状態の時にでるもので、通信機器やパソコンを変えたところで出るスピードではないのです。

 

200Mbps、100Mbpsという数値は、あくまでも計算上の通信速度で、これを「理論値」といいます。

 

こうした高速な通信速度をうたう理由は、自社の回線を少しでも高速に感じさせたいから、とも言えます。

 

NTT東日本では、この回線方式を「ベストエフォート方式」と呼んでおり、回線会社が最善の努力をしていることをアピールしています。

 

少しおかしな話ではありますが、実際にフレッツ光に加入して光回線を体感してみると、ほとんどの人が「速い」と感じます。

 

しかし、実際に出ている通信速度を測ってみると、100Mbps以下という結果になることが多く、中には10Mbps程度、なんて人もいます。

 

こうした実際の通信速度を、理論値に対して「実測値」といいます。

 

実測値がどれぐらいになるかは、パソコンを接続してみないと分からないので、事前に知ることはできません。

 

ただし、集合住宅タイプの場合は、1本の光回線を複数世帯で共有するので、実測値が低くなることが予測されますし、逆に、回線を独占利用できる戸建て住宅の場合は、比較的高い通信速度が期待できます。

 

フレッツの契約前は実測値が不安になると思いますが、10Mbps程度の通信速度でも、実用レベルでは何の不自由も感じませんよ!

 

申し込み